ラタトゥイユ

120819G_0384.jpg

要するに夏野菜の蒸し煮です。
本来は南仏料理で、ちゃんとしたレシピがあるのですが、
これは自己流のなんちゃって料理です。
とても簡単なので夏になるとしょっちゅう作ってます。


材料:
なす 2本
ズッキーニ 1本
パプリカ 1個
たまねぎ 大1/2個
エリンギ 1パック
トマト 2個 水煮缶1/2でもかまいません
にんにく 1片
白ワイン 1/2カップ
コンソメキューブ 1個
ベイリーフ 1枚
エクストラバージンオリーブオイル 適量
ワインビネガー 小さじ1/2 レモン汁でもいいですが、無ければ入れなくてもいいです。
あれば、ドライのオレガノかマージョラムかタイム 少々
あれば、パルメザンチーズ 適量


作り方:
夏野菜を1〜2センチに角切りにして、
包丁で潰してから薄切りにしたにんにくと、オリーブ油、塩、こしょうして炒めます。

たまねぎが透き通ったら、白ワイン、水1/2カップ、ベイリーフ、コンソメキューブを加えて火にかけます。
トマトのみじん切りを加えて、ふたをしてやや弱火で10分ほど蒸し煮にします。
本来は水を加えず、白ワインと野菜から出る水分だけでつくるのですが、
時間短縮のために水を少し加えてます。

オリーブ油、ワインビネガー、お好みでハーブを加え、
塩で味を整えて出来上がり。

あれば、盛りつけてから粉チーズを振ってください。


どれを入れなくてはいけないというものではないので適当に材料を組み合わせてください。
セロリ、ブロッコリー、アスパラガス、サヤインゲン、キャベツ、ソーセージ、ショートパスタなどをいれても美味しいです。


080930P1013.jpg

キハツダケを使ったもの。


081017P1305.jpg

こちらはソーセージとシイタケを使ってますが美味しいです。
ビネガーの代わりにケチャップを少々加えてます。
少しとろみが出て美味しいのですが、入れすぎると甘くなるので控えめに。


090622P2216.jpg

パルメザンチーズを削ってのせても美味しいです。







更新 2008/10/17 画像追加、追記
    2009/06/22 画像追加、追記
    2012/09/21 画像追加、書き直し


 


2008/10/01 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西洋料理

肉じゃが

081003P1027.jpg

レシピはいらないでしょうけど、

にんじん、ジャガイモ、タマネギ、しらたきをだし、みりんで煮ます。
実際には鍋を火にかけてこの順番で材料を切りながら次々と投げ込みます。
ためしてガッテン!によるとだしは使わない方が美味しいんだそうですがつい使ってしまいますね。

ジャガイモに火が通ったら、塩、しょうゆ少々を入れてもうしばらく煮ます。

肉(牛でも豚でもお好みで)、キノコ、味噌を入れて(味噌仕立てにするかしないかは気分で)火を止めます。
絹さややグリーンピースなどの青味もここで。
しばらく味を馴染ませてもう一度暖めてから盛りつけます。

肉は煮すぎないのがコツというのはためしてガッテン流です。
今回はハナイグチを使いました。
しいたけや干しシイタケでいいと思います。
キノコは煮すぎない方がいいです(干し椎茸は別ですが)。



 
2008/10/03 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。