コシアブラとアワビの混ぜご飯

090510P2024.jpg


お米2合にだしと酒大さじ1、塩小さじ1を合わせて分量の水加減で炊きます。

アワビはスプーンなどで殻からはずして肝を取り、
塩で表面をもみ洗いします。
肝は包丁で叩いて小鍋にスライスした身と酒適量と合わせておきます。

コシアブラは2センチほどに刻んでおきます。

ご飯が炊きあがったらアワビにしょうゆ、みりん、塩各少々を加えて軽く炒りつけます。
コシアブラを加えて一煮立ちしたらご飯に加えて混ぜ、
しばらく蒸らします。

お好みで細かく刻んだ油揚げを加えてもいいです。


コシアブラを売っているのを見つけたので初めて食べてみました。
ウコギによく似た香りでとても美味しかったです。
また来年も買ってみます(採りに行けたら自分で採ってきます)。
アワビも韓国産の養殖物が安かったので買ってみたのですが、
1個では物足りなかったです。



090517P2080.JPG

コシアブラとコゴミの天ぷら

タラの芽に似ていけます。








Optio W60



更新 2009/08/02 画像追加


 
 k


2009/05/13 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理

090509P1987.jpg


111002G_5847.jpg

111002G_5846.jpg

わらび餅粉100gに水2カップ(重量比で1:4)を加えてよく混ぜます。
味噌こしなどで濾して、ダマもよく溶かします。


111002G_5849.jpg

手鍋に移し、木べらなどで混ぜながら中火にかけます。
できるだけ手を止めない方がいいです。


111002G_5851.jpg

全体に白っぽさがなくなってもさらに3分ほど混ぜ続けてください。
重たくなってきて結構大変ですが根性で混ぜます。


111002G_5852.jpg

火から下ろしてスプーンなどで一口大にすくい取りながら、水に放します。


111002G_5853.jpg

一度水に入れると整形は難しいですから、
すくったときの形で出来上がると思ってください。
粗熱が取れたらざるにあけ、水を切ります。


111002G_5855.jpg

氷水でさらに冷やします。
冷蔵庫で時間をかけて冷やすと食感が変わってしまうので、
氷水で手早く冷やすのがこつです。


111002G_58602.jpg

水を切って、黒蜜ときな粉をかけていただきます。
冷蔵庫に置かずに出来たてをいただくことをお勧めします。

本来はワラビの根茎から精製したでんぷんから作るものですが、
売っているものは他のデンプンで代用しているものが多いです。
今回もサツマイモでんぷんのものを使っています。

売っている物は練り上げた物を器に流し、
もう一度蒸してから切り分けています。
餅自体に甘味をつけているものが多いですが、
自分で作るときは味をつけていません。
さっぱりしていて飽きが来なく、たくさん食べられます。














更新 2009/09/08 
    2011/06/21 画像を追加


 
2009/05/13 19:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。