2009/09/19 キノコ狩り 3/3

1/3から見る



023_090920P2564.jpg
019.
ハナイグチのあぶり焼き

塩を振ってトースターやグリルであぶるだけです。
針葉樹林を歩き回っていたときの記憶が甦る味です。

ハナイグチのあぶり焼き



024_090920P2560.jpg
020.
ハナイグチの味噌煮込みうどん

ほうとうにすることが多いんですが、
たまたま手に入らなかったので普通のうどんです。
鍋には幅広のうどんが合う様な気がします。

ほうとう



025_090922P2576.jpg
021.
キハツダケとアカモミタケの混ぜご飯

馬鹿の一つ覚えです。
でもやめられません(笑

アカモミタケのキノコご飯



026_090926P2621.jpg
022.
ホッケときのこのホイル蒸し

クロラッパ、ショウゲンジ、ヤマドリタケモドキ、他
ホッケ美味しいんですが、匂いが強くてホイル蒸しにはちょっと合いません。

白身魚とキノコのホイル焼き



027_090924P2595.jpg
023.
キハツダケとホタテのクリームシチュー

コツはキノコを煮すぎないこと。



028_090924P260502.jpg
024.
ニカワハリタケ入りタピオカココナッツ

いまいち









Optio W60




 


タグ:キノコ料理

タモギタケ

050418G_148602.jpg
タモギタケ  Pleurotus cornucopiae  ヒラタケ科

野生では主にニレ類やカエデ類の枯れ木から生えます。
タモとはヤチダモなどのトネリコ類の総称だそうです。
分布は北海道や東北で特に多く、夏のきのこだそうです。

以前、おがくず栽培をしたことがあるのですが、
植菌から発生までの期間が異常に短く、
そういった意味では栽培しやすいのですが、
逆に、菌糸を充実させてから大きいきのこを発生させようとするのに気を使います。

特徴的な黄色い色を出すためには光の量の調節が必要で、
足りないと白っぽく、逆に多いと茶色ぽくなってしまいます。

味は美味しく、特に北海道や東北では人気がありますが、
他の地域ではなじみがないのかいつでも売っているきのこではありません。
やや粉っぽい様な独特の匂いがあって、料理の仕方によっては気になりますが、
鍋の具みたいによく茹でたり、
炒め物みたいに濃い味付けにすると気になりません。
残念ながら、きれいな色は、加熱すると消えてしまいます。

安いし美味しいので見つけるとよく買ってます。






PowerShot G6



 
タグ:キノコ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。