ジェノヴァ風パスタ

4人分くらいの分量です。

材料:
バジル30枚程度は洗って水気を切り、ペーパータオル等で軽く水気を取ります。
蕾も香りがいいので加えます。

ニンニク 1〜2片

トマト 2〜3個

松の実 大さじ2

パルメザンチーズ 大さじ2

オリーブオイル 2/3カップ



100714I11_2311.jpg
パスタ用のお湯を沸かしている間、
ニンニク1/2片みじん切りをオリーブオイルで炒め、
トマトを皮のままみじん切りにして加え、
崩れるまで炒めます。
塩、胡椒でかるく味付けします。


100714I11_2310.jpg
バジル、ニンニク1/2片、松の実大さじ2、パルメザンチーズ大さじ2、塩小さじ2/3、こしょう、
オリーブオイル2/3カップ、これらをミキサーにかけます。


100714I11_2314.jpg


100714I11_2316.jpg
茹であがったパスタをトマトソースに和えます。


100714I11_23222.jpg
皿に盛りつけて、ジェノベーゼソースをかけ、
パルメザンチーズを振ります。


ジェノベーゼソースはある程度保存がきくそうです。
チーズを加えない方が保存性がいいようです。

生バジルで作った物は初めて食べましたが、すんごい美味しいです。
ただ、油が強いので食べ過ぎに注意。
それと、生のニンニクを使うのでめちゃくちゃ後で臭いです。



120915G_0530.jpg

こちらは松の実ではなくてくるみを使っています。
松の実の香りも捨てがたいですが、
くるみもコクがあって美味しいです。

今回はニンニクを一度炒めたのでニンニク臭さがマイルドになりました。







更新 2012/09/15 画像追加



 


2010/07/15 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西洋料理

インドでは揚げたカッテージチーズを使った「サグパニール」
もしくは「パラクパニール」(パニールはカッテージチーズのこと)が定番ですが、
今回は鶏肉で作ります。



材料:
ホウレンソウ 1把
鶏もも肉 1枚
トマト 1個
にんにく 1片
クミンパウダー 小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ1
ターメリック 小さじ1/2
チリパウダー 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/2
ヨーグルト 適量



001100211I11_0187.jpg
001.
ホウレンソウは刻んで、マーガリンで炒め、
取り出して粗熱をとっておきます。


002100211P3991.jpg
002.
鶏肉は一口大に切ってから塩適量で下味をつけ、
マーガリンで焦げ目がつくまで炒めて取り出しておきます。


003100211P3992.jpg
003.
その間、トマトを皮ごとミキサーにかけておきます。



004100211I11_019902.jpg
004.
にんにくをみじん切りにして、
低温で焦がさない程度に炒め、
香辛料とトマト、鶏肉、水適量を加え、
数分煮込みます。


005100211P3996.jpg
005.
その間に、ホウレンソウを水適量とミキサーにかけておきます。
ホウレンソウを加えて、一煮立ちしたら火を止め、
塩で味を整えます。
もたもたしていると、すぐに色が茶色っぽくなりますが、
味的には問題ありません。


006100211P399902.jpg
006.
盛りつけて、ヨーグルト適量とチリパウダーをかけます。




トマトは皮ごと使うと皮のペクチンでとろみがでやすいです。
ミキサーを使わない場合は湯むきします。
ホウレンソウはすり鉢で擦ってもできますが、
量が多いので結構手間がかかります。








 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。