ヤーコンのオイスターソース炒め

040508D7_0153.jpg
001.

ヤーコンは薄い皮があって、包丁の背でこすると簡単にむけます。
回し切りか、半月、短冊などお好みの形に切ります。


豚肉、ヤーコン、ショウガみじん切り、塩、こしょう、オイスターソース、
これらを炒めて一度取り出します。


菜っ葉類(小松菜やホウレンソウ、チンゲンサイ、タアツァイなど)、キノコ類などを炒めて、
ヤーコンを戻して混ぜ合わせて出来上がり。


水が出るようなら片栗粉でまとめます。



110104I_4119.jpg
002.



110122I_4127.jpg
003.
ヤーコン  Smallanthus sonchifolius  キク科  アンデス山脈原産

分類的にはハキダメギクが近いです。なんかぴんときませんね。

秋になると出回ります。
でんぷんのかわりにフラクトオリゴ糖を蓄えていて、
甘味があるので生のまま食べることもできます。
しゃりしゃりとした梨に近い食感です。

サラダやデザート、漬物にされることもありますが、
炒め物やきんぴらにしたり、カレーやシチューなどにも使えます。
キク科独特の薬草臭や土臭さがあるので人によっては苦手かもしれません。
私はショウガを利かせてオイスターソースで味付けした中華炒めが気に入っていて、
いつもそればかり作っています。

買ってすぐよりも少しおいた方が甘味が増しますが、
気がつくと中が変色していることもあり、
あまり長期保存は考えない方がよいかもしれません。
ちなみにフラクトオリゴ糖には善玉腸内細菌の増殖を促す作用があります。





001.
D70s
SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO /HSM

002. 003.
PowerShot G11






パーナ貝のパスタ

101224I_4105.jpg
001.

ニンニクみじん切り、アンチョビ(無ければいらないです)、殻からはずしたパーナ貝をオリーブオイルで軽く炒めます。

白ワイン少々、皮ごとミキサーにかけるかみじん切りにしたトマト、塩、こしょうを加え、少し煮詰めます。

茹でておいたパスタを和えて、盛りつけてチーズか、あればパセリを振ります。

今回はリングイネを使いましたが、普通のスパゲティーで構いません。



101224I_4101.jpg
002.

癖が無く、旨味があってなかなか美味しい貝です。



midorii0047.jpg
003.
ミドリイガイ 緑貽貝  Perna viridis  翼形亜綱イガイ目イガイ科  インド洋・西太平洋の熱帯域、潮間帯〜10m

以前購入したフィリピン産の標本です。
本来は熱帯域に分布するムール貝の親戚で、
成長すると約15cmにもなります。
元々日本には分布していなかったのですが、
近年関東あたりまで帰化が見られ、
繁殖力が強いので港湾の取水口を塞いだり、冬期に大量死して水質を悪化させるなど、問題視されています。

すぴるらすぴるら: ○ 翼形亜綱

東南アジアなどでは食用として利用されてきましたが、
汚染物質を蓄積したり、貝毒を蓄積することがあるので、採集して食用にするには注意が必要です。
日本の市場に出回っているパーナ貝のほとんどは、
ニュージーランドに分布するモエギイガイ(P. canaliculus)というミドリイガイの近縁種です。
ニュージーランドの海水温は低く、水質もきれいで安全なのでまた利用しようと思います。

Google




001. 002.
PowerShot G11

003.
COOLPIX 990


 
2011/02/07 05:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 西洋料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。