タイラギとホッキ貝

090120P16042.jpg
001.

タイラギとホッキ貝と椎茸をシンプルに炒めて塩、こしょうしただけです。
あればレモンなどをしぼるとさらに美味しいです。



090414D7_0309.jpg
002.
ウバガイ 姥貝  異歯亜綱目未設定バカガイ上科バカガイ科  茨城県以北、日本海、オホーツク海、
殻長102mm 青森産

殻の厚い、どっしりとした貝です。
一般にはホッキガイ(北寄貝)の名称で食用として親しまれています。
調理をすると身が赤くなりますが、
生の物は黒っぽい色をしています。
砂抜きをしても抜けにくいので、
貝柱を切って、身をはずしたら肝を取り除いて洗ってから調理します。
寿司ねたや刺身にすることが多いと思いますが、
北海道で食べたバター炒めがすごく美味しかったので、
買ったときは炒めて食べることが多いです。



090414D7_0294.jpg
003.
タイラギ 平貝  翼形亜綱ウグイスガイ目ハボウキガイ科 福島県以南、西太平洋・インド洋
殻長251mm 韓国産

尖った方を下にして、砂泥に半ば埋まったような姿で暮らしています。
下の方から足糸という糸を出して、石などに固定しています。
殻は比較的薄く、割れやすいです。
貝柱とひもの部分を食べますが、
貝の大きさに比べると食べる部分が少ないです。
ホタテに味がやや似ていますが、
より甘味と旨味があって美味しいです。
初めて食べたのは中華料理屋で貝柱を野菜と炒めた物で、
あまりの美味しさにびっくりしました。
それ以来、中華料理店でメニューに見つけるとつい注文してしまいます。

かつては日本各地の沿岸で漁獲できましたが、
近年漁獲高が全国的に落ちています。
特に有明海が主産地でしたが、
ここでもタイラギ漁が中止に追い込まれています。
よく、諫早湾の干拓事業との関連性が取り沙汰されますが、
水門が閉められる以前に諫早湾のタイラギはすでに獲れない状態でした。
減っている原因としては水質の悪化、温暖化による水温の上昇、
干拓や河川の水利事業による海流の変化、
ナルトビエイなどの天敵の北上化などが考えられてます。
国内であまり獲れなくなったのでほとんどが韓国などからの輸入に頼っている状態です。
養殖の研究も進んでいるみたいですが、
カキやホタテほど簡単ではないみたいです。







001.
Optio W60

002. 003.
D70s + SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC MACRO /HSM





豆乳鍋

材料:

豆乳 
飲用や豆乳鍋用に調整された物ではなく、
必ず「豆腐が作れる」と明記された無調整の物を用意してください。

白菜 
軸の部分は1〜2センチの細めにそぎ切り。

ねぎ 
薄めに斜め切り。

豚バラ肉、鶏団子、白身魚、カキなどをお好みで。

シイタケやエノキタケ、ハタケシメジなどをお好みで。

水菜

絹ごし豆腐

ポン酢、かつお節



001_100307I11_0344.jpg
001.

火の通りにくい白菜の軸やネギはかるく下ゆでします。
アクの出る肉類や魚介類もかるく湯通ししておきます。



002_100307I11_0348.jpg
002.

水菜とキノコ類はすぐ火が通るので生のままで大丈夫です。



003_100307I11_0346.jpg
003.

豆腐も下ゆでしておきます。



004_100307I11_03522.jpg
004.

豆乳は薄めずにそのまま使います。



005_100307I11_0354.jpg
005.

まず豆腐を豆乳の半量で煮ます。



006_100307I11_03552.jpg
006.

煮立ったら卓上コンロに移し、他の材料を加えていきます。
一度に鍋をいっぱいにしないで、
食べながら少しずつ加えます。
すぐに火が通る状態にしてありますので、
暖まったらポン酢とかつお節でいただきます。
火加減はかるく沸騰するくらいの状態を保ちます。



007_031109N90302.jpg
007.

材料を食べ終わったら、残してあった豆乳を加えます。
弱火の状態を保っていると、
表面に薄い膜が浮いてきます。
これは生湯葉です。
ある程度の厚さになったら箸でつまみ上げてポン酢で楽しんでください。
煮詰まるか、飽きるまで何度でも湯葉は出来ます。
時間がかかりますので、時間に余裕があるときをお勧めします。


火加減が強いと鍋底が思いっきり焦げ付きます。
食べ終わったら多めの重曹に水を加えてしばらく置くと簡単に取れます。


これはかなり前にネットで知り合った人から教わった料理です。
まだ、今ほど豆乳鍋が世間に普及する前でした。
ちょっとめんどくさいですが、年に1、2回はやらないと気が済まない料理となりました。







001. 〜 006.
PowerShot G11

007.
COOLPIX 990


 
2011/03/31 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。