トーフーチャンプルー その1

101203I_3893.jpg
001.
島豆腐

硬く締まった豆腐で、
縄で縛って持ち歩けるほどの硬さのものもあるそうです。
味が濃厚で、汁の実や冷や奴にしたり、
炒め物や天ぷらや煮物など幅広く使えます。



豆腐の炒め物豆腐チャンプルー(トーフーチャンプルー)は大きく分けて2つ作り方があります。


材料:

島豆腐または水切りした木綿豆腐

豚肉、ニンニクの芽、ニンジン、椎茸、もやしなどお好みで

溶き卵

かつお節



110325I_4436.jpg
002.
よく熱したフライパンに油を敷き、
短冊に切った島豆腐を並べて、
菜箸で返しながら両面色が着く程度焼き、取り出します。
フライパンの温度が低いとくっついて豆腐が崩れてしまいます。



110325I_44392.jpg
003.
お好みの具を炒め、
塩、しょうゆ、こしょう、顆粒だし(無ければいいです)で味付けします。



110325I_4442.jpg
004.
豆腐を戻し、溶き卵を加えて炒め合わせます。



110325I_44462.jpg
005.
盛りつけてかつお節をのせます。
お好みでコーレーグースをふります。



作り方その2








更新 2012/10/03 一部変更




 


2011/05/22 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理

作り方その1



110324I_4429.jpg
001.
今回はランチョンミートを使いました。
もちろん豚肉などでもかまいません。

実は以前はランチョンミートの人工的な味が苦手でした。
ところが、色が着く程度まで炒めると香ばしくて美味しくなることを知り、
今ははまって常に買い置きがある状態です。



材料:

ランチョンミート 豚肉やコンビーフなどでもかまいません。

キャベツ、たまねぎ、にんじん、もやし、にらなどお好みの野菜

顆粒だし 無ければいらないっです。

島豆腐 水切りした木綿豆腐でもいいです。

溶き卵



110323I_4411.jpg
002.
ランチョンミートは、表面積を増やすためさいの目や棒切りなどにすることが多いと思いますが、
私はフォークで小さくすくい取るやり方が気に入ってます。
焦げ目がつくまでよく炒めます。
フライパンと油をよく熱しておかないと鍋底にくっついてしまいます。



110323I_4413.jpg
003.
お好みの野菜を加えて炒めます。



110323I_4418.jpg
004.
もやし、手で崩した島豆腐を加えて炒め合わせます。
塩、しょうゆ、こしょう、顆粒だし少々で味付けします。
島豆腐のかわりに水切りした木綿豆腐でもいいです。



110323I_4420.jpg
005.
にら、溶き卵を加えて卵に火が通ったらできあがり。



110323I_4423.jpg
006.
盛りつけてかつお節をのせ、お好みでコーレーグースをふります。
この豆腐を後から加えるバージョンの方が簡単ですが、
先に焼くのとそれほど遜色ありません。








更新 2012/10/03 一部修正



 
2011/05/22 10:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。