アイスボックスクッキー

材料:

無塩バター 50g

マーガリン(無塩じゃなくてかまいません) 50g

砂糖またはグラニュー糖 50g

卵 1個

スライスアーモンド 100g

コリアンダーシード(ホール) 殻を取ったもの大さじ1程度

小麦粉 200g(カップ2)



110724G_5370.jpg

作り方:

コリアンダーシードは、すり鉢ですりこぎを押しつけるようにして殻を割り、
仁だけを拾い出します。

バターを室温に戻し、マーガリン、砂糖、卵と均一に混ぜます。

ふるった小麦粉とアーモンド、コリアンダーを加えて練らないようにさっくり合わせます。

生地を二つに分けて棒状に整形し、ラップで包みます。
このとき、ラップにしわが寄らないように気をつけてください。

冷凍庫(できればチルド室)で1時間ほど冷やします。

5ミリ厚ほどに輪切りにします。
固いときは少し室温に置いてください。

150〜200度で10〜15分ほど焼きます。



110724G_5378.jpg

一時期はまっててたくさん焼いていたんですが、久しぶりです。
20年以上前のレシピです。

お好みで、コリアンダーの代わりにアニスシードやディルシードを加えても美味しいです。
アニスやディルは手のひらで揉んで、芒(のぎ)や枝を取り除いてください。



 


2011/09/13 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ

ブランデーケーキ

材料:

バター 100グラム、
マーガリン 100グラム(1/2カップは約90グラム) 
無塩である必要はありません。

砂糖 150グラム(1と1/2カップ) 
あっさりしたグラニュー糖よりも深みのある甘さの上白糖や三温糖の方がいいと思います。

卵 4個 
バター類50グラム当たり1個で計算します。

薄力粉 250グラム(2と1/2カップ) 
ベーキングパウダーは使いません。

ミンスミート(ドライフルーツの洋酒漬け) 適量
市販もされていますが、レーズン、クランベリー、いちじくなど、
お好みのドライフルーツをひたひたのラム酒かブランデーで数日漬け込んでも作れます。
一度作ればかなり持ちます。

ナッツ類 適量 
粗みじん切りにして空炒りしたくるみかペカンナッツ、スライスアーモンド、松の実などお好みで。

香辛料 少々 
シナモンパウダー、ナツメグ、ディル、フェンネル、レモンの皮のすりおろしなどをお好みで。

ブランデー 100ミリリットル(1/2カップ)ほど 
お好みで量を加減してください。

アプリコットジャム 適量



作り方:

室温に戻したバター類をよく溶きほぐします。

砂糖を2〜3回に分けて加えながら、
白っぽくなるまでよくすり合わせます。
(レモンの皮を入れるときはこのときに加えます)

溶いた卵を2〜3回に分けて加えながら泡立て器で混ぜます。
混ぜすぎると分離することがありますが、そんなに神経質にならなくていいです。

ふるいにかけた薄力粉を一度に加えます。
ドライフルーツ、ナッツ類、香辛料を加えてへらでさっくりと合わせます。
練るほどに混ぜてはいけません。


031128N9213rgb.jpg

型に合わせてクッキングペーパーをたたんでから敷き、
7〜8分目くらいまで生地を流し込みます。
型の底をトントンと打って、空気を抜きます。
中央をやや凹ませ、低温150度で40分ほどゆっくり焼きます。


031128N9214.jpg

型は10センチほどの比較的小さい物を使うと失敗しにくいです。


031128N9217.jpg

少し冷ましたらラップにのせ、上面にアプリコットジャムを塗ります。
ブランデーをお好みの分量注ぎ、包んで冷蔵庫で1日寝かせます。
2日以上寝かせた方が生地が落ち着いてより美味しいです。



110731G_5486-.jpg

ベーキングパウダーを使わないのでずっしりとした重みのある食感です。
これも昔から使っているレシピでお気に入りのお菓子です。
面倒ですがたま〜に作りたくなりますね。



 
2011/09/19 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。