丸ズッキーニ

080920D_8372s.jpg

ズッキーニはウリ科カボチャ属ペポカボチャ(Cucurbita pepo)の一種です。
形はよく見かける棒状の物の他、このような球形、UFO型、徳利型など。
また、表面が滑らかな物、いぼいぼなものなど様々な形状の品種が存在します。
熟すと黄色くなるのですが、このように熟す前から黄色い物もあります。
丸くて緑の物は"8-ball squash"、黄色い物は"Gold ball squash"と呼ばれるようですが、
日本では"ゴールディ"という名称で流通することもあるようです。

ペポカボチャにはズッキーニの他にそうめんカボチャ、
観賞用のおもちゃカボチャなどがあります。
ペポカボチャは熟してもあまり甘味が無く、粉状にならないのが特徴です。


080922P0961s.jpg

丸ズッキーニのチーズ焼き

挽肉、玉ねぎみじん切り、マッシュルーム薄切り、にんにく、トマトみじん切りなどをオリーブ油で炒め合わせ、塩こしょうで味付けします。
丸ズッキーニを半分に切って種をくり抜き、具とシュレッドチーズ、パルメザンチーズを乗せてトースターなどで焼きます。

なかなか美味しいんですが、皮が硬めで少々食べにくいです。
もう少し工夫が必要かな。



黄桃

120908G_0480.jpg

福島産の黄桃です。
福島県内では数種類の黄桃が栽培されているので、
どの品種かは特定できません。

黄桃は大好きで、安いのを見かけたら買うようにしています。
今まで産地はあまり気にしてませんでしたが、なんとなく岡山県産が多いような印象でした。
しかし、去年辺りから福島県産の割合が目立って多くなったような気がします。
価格が下落してスーパーでも売れやすくなっているのでしょうか。

この大きさの黄桃だとスーパーでもサンキュッパとかヨンキュッパぐらいで売っていると思います。
これはニッキュッパでした。この大きさにしては安いと思います。
普段はもっと小さい玉をニッキュッパぐらいで買ってますから。


120909C_4367.jpg

一般に、白桃の身は種にくっついてはがしにくいですが(粘核)、
黄桃は割と簡単に剥がすことができます(離核)。
なので、このような切り方ができるわけです。
味はご存じのように甘味・酸味・香りが白桃よりも強く、すこぶる美味です。

黄桃の栽培は日本の気候に合わないのか、一昔前までは外国産の缶詰という印象でしたが、
最近では品種改良が進んで栽培しやすくなったらしく、青果として目にする機会が増えたような気がします。
それでも、まだ高級果物の一つというイメージですね。


タグ:果物
2012/09/13 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 果物
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。