ドラゴンフルーツ

沖縄でも宮古島でも食べ損ねたドラゴンフルーツを近所のスーパーでげっと。
2012/05/05 宮古島
2010/10/27 沖縄


121023G_0945.jpg

沖縄産のがリンゴぐらいの大きさでさんきゅっぱ。
以前も書きましたが、輸入物の白いやつを食べたときは、甘味も酸味もなく正直マズかったです。



121023G_0948.jpg

さて、今回ですが・・・・
ちゃんと熟しているらしく、甘味、酸味とも強くはないですがほどほどあります。
ただ、香りがフルーツと言うより化粧品というか、洗剤みたいなちょっと癖のある香りで、
これはちょっと苦手でした。
それと、サボテンを植え替えるときに感じる独特の青臭さが鼻につきます。
やはり何度も食べたいものではないですね。



121023G_0955.jpg

半分はそのまま食べて、
残りはミキサーにかけてみました。

やはり鼻を近づけるだけで青臭さがぷ〜んときます。
レモン汁とはちみつを足すと大分飲みやすくなりますが、
飲み終わると口の中が少しいがらっぽくなってきました。

お店で飲んだのはおそらく、かなり薄めていてグワバの風味で誤魔化していたんですね。
でも、あのドラゴンフルーツジュースはまた飲みたいな〜
次見つけたら、他のジュースで割ってみます。



 


2013/01/18 19:39 | TrackBack(0) | 果物

豆数の子

001_130105G_1611.jpg
青大豆 
今回は100g使います。



002_130105G_1614.jpg


ざっと洗って、上に2センチくらい水がかぶるようにして半日以上浸しておきます。
豆が水を吸って、水かさが減るので、途中で豆が顔を出すようなら水を足してください。



003_130105G_1615.jpg

多少戻りきっていないようでも茹でると脹らむので、あまり気にしなくて大丈夫です。
浸している水ごと火にかけて、沸騰したら5分ほど茹でます。



004_130105G_1620.jpg

ざるにあけてお湯を切ります。



005_130105G_1621.jpg

熱いうちにしょうゆ小さじ1/2程度、
塩小さじ1/4程度を混ぜて、
触っても熱くない程度まで10分ほど冷まします。



006_130105G_16182.jpg

数の子2腹程度。
この様な加工品でも構いませんし、
塩漬けならば好みの塩加減まで塩抜きしてください。



007_130105G_1616.jpg

皮を取り除きながら、手で細かくほぐします。
包丁で細かく切っても構いません。



008_130105G_1628.jpg

豆と混ぜ合わせて、味を見ます。
塩を足すか、水を少し足すなどして調整してください。
盛りつけて出来上がり。
あんまり茹ですぎない方が豆の風味と食感が残って好きです。



信州や東北では割とポピュラーな正月料理です。
豆や数の子にしっかりだしで下味をつける方法もあるのですが、
塩としょうゆだけでも十分美味しいです。
正月料理はあまり作らないんですが、
これだけは作ることにしてます。
これ、食べ始めると止まらなくなるんですよね(笑


 
2013/01/20 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。