白身魚とキノコのホイル焼き

080928P1001.jpg

サーモントラウトとキノコのホイル蒸し

これも毎回作る定番料理です。
今回はホンシメジ、スミゾメシメジ、クリフウセンタケを使いました。

サーモントラウトはニジマスを海で養殖したもので、チリなどから輸入されます。
他にもサワラやタイなどの小骨の少ない白身魚ならば美味しくできます。

色味に青トウガラシを使っていますが、これは無くてもお好みでピーマンでも青ネギでもなんでもいいです。



作り方:

ホイルの上に昆布を一切れ置き(5cm角で十分)、ネギの斜め切りを敷いて、魚の切り身をのせ、キノコをのせます。

みりん、酒、塩、サラダ油、各少々をふります。

ホイルをもう一枚かぶせてふちをきっちり閉じ、フライパンで弱火にして15分ほど蒸し焼きにします。
(蒸し器で蒸してもかまいません)

スダチやポン酢でいただきます。
底に残った汁も美味しいですよ。



野生のトラさん







撮影はすべて、
Optio W60


更新 2009/12/07

 


2008/09/30 04:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。