櫃塗し(ひつまぶし)

090618P2205.jpg


出来合のウナギの蒲焼きを2センチほどに切ってホイルに並べ、
日本酒少々を振りかけてフライパンなどで2・3分温めます。

どんぶりに盛りつけて、たれと山椒を振ります。

きざみ海苔、ミツバまたは大葉、わさび、白ごまなどを添えます。

定番の食べ方は、
まず薬味をのせずにウナギをご飯に混ぜながらいただきます。
続いて薬味をのせていただきます。
最後にだしをかけていただきます。

だしはかつおよりも昆布がいいと思います。
緑茶でも構いません。
私は粉末の梅昆布茶を愛用しています。


名古屋で食べてからすっかりお気に入りです。







Optio W60



 


2009/06/21 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。