ピクルス

001_110702G_5229.jpg
001.

いつもは12〜3センチのもろきゅう用のキュウリ(群馬産だったかな?)が形や大きさが揃っているで使うんですが、
今年は何故か売っていなかったので(2011年6月末頃の話)、もう一回り大きい14〜5センチ(福島産)のを見つけてきました。
大きさも形も丁度いい感じです。
気のせいか成長したのは身が柔らかいようなので小さいのを使ってます。
あまり曲がっていない物の方が瓶に詰めやすいです。



材料:

キュウリ 1袋

瓶 12センチくらいの高さの物2本

酢 2カップ
水 1/2カップ
砂糖 1/2カップ(60g)

マスタードシード  小さじ1
シナモンスティック 3センチ程度 縦に割ってから折って適当に砕きます。
オールスパイス 10粒程度
黒粒胡椒 10粒程度
クローブ 数本
月桂樹 2枚
唐辛子 大きい物なら1本、小さい物なら2本、そのままでも刻んだ物でもかまいません。
ディル フレッシュがあれば2本、無ければシード小さじ1程度



元のレシピが何処かに行ってしまったのであまり正確ではありません。
いつも目分量で作っているのですが、アバウトで大丈夫です。

お酢はワインビネガーが一番美味しいと聞いたことがありますが、
いつも癖のない米酢かホワイトビネガーを使っています。
アップルビネガーも使ったことがありますが、
イメージと違って結構癖があります。
ペコロスなど白く仕上げたい物はホワイトビネガーを使うといいでしょう。



002_110702G_5235.jpg
002.

作り方:

キュウリは板ずりしていぼを取り、
15%程度の塩水(水2カップ:塩大さじ4)に1日下漬けします。
浮いて水面から出ないように小皿などをのせるか、
チャック付き袋などを利用するといいでしょう。



003_110702G_5269.jpg 004_110702G_5271.jpg
003. 004. 

熱湯消毒した瓶に香辛料を入れ、
瓶の長さに切ったキュウリを縦に並べます。

酢、水、砂糖を煮立て、
熱いうちにキュウリにかぶるくらい注ぎ、蓋をします。
それ以上の殺菌の必要はありません。

酢が蓋に触れると、さびが出ることがあります。
そうなると鉄臭くなるので、
厚みのあるビニールなどをはさんで蓋をするといいでしょう。
丈夫なので削り節の空き袋をいつも利用しています。
瓶を横にして置くと液がしみ出すことがあるので気をつけてください。


090629C_1818.jpg
005.

時々瓶を揺すりながら1週間ほどすると食べられます。
中身を取り出しながらでも半年以上は持ちます。
1年もするとキュウリが崩れてきてしまうのでその前に食べた方がいいです。

お酢は再利用できますが、キュウリから水分と塩分が出ているので、
お酢と砂糖、香辛料を足してください。


006_110702G_5489.jpg
006. 
オムレツ

オムレツやスクランブルエッグ、目玉焼きにピクルスを添えることが多くなりました。
卵と相性がいいです。


090625P2230.jpg
002.
ハンバーグ


008_110702G_5435.jpg
005. 

郡山駅のスーパーで見つけた物です。
フリーダムは横浜の種苗会社サカタのタネが作った品種で、
まっすぐでいぼが無いのが特徴です。
ピクルスに丁度良さそうなのですかさずゲット。
オムレツにのってるのがそうですね。






投稿 2009/07/11
更新 2011/09/10 全文書き直し



 


2011/09/10 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保存食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。