海ぶどう

020115N5918.jpg

020115N5895.jpg

020115N5916.jpg
クビレヅタ  Caulerpa lentillifera  緑藻植物門イワヅタ科
南西諸島〜オーストラリア、浅瀬

沖縄の食材「海ぶどう」ですが、これはクビレヅタという海藻の一種です。
丸い部分は葉状体で、噛むとプチプチとした独特の食感があります。
ほんのりとした海藻の香りと弱いぬめりもありますが、
味を楽しむというよりは食感を楽しむ食材です。

調理をするとその食感を失ってしまうので、
生のままドレッシングなどをかけるか、
小皿に酢味噌などをつけながら食べます。
調味料をかけて時間が経つと葉状体が潰れて食感が損なわれてしまうのですばやく食べなくてはいけない繊細な食材でもあります。

塩漬けの状態で流通することもありますが、
やはり生のままが一番です。
ある程度水から上がった状態でも生きていられますが、
生育適温が比較的高いので、冷蔵庫に入れると死んでしまい、
やはり食感が失われてしまいます。

尖晶石ノート 沖縄 土産






2002年購入


COOLPIX 990





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。