空心菜とキクラゲの炒め物

037_101014I11_30432.jpg

豚肉は細めに切り、キクラゲは適当に手で千切ります。

空心菜は根元付近を手で折って捨てます。
数センチに切って、根元付近の茎と穂先を適当に分けておきます。

ニンニク1片はみじん切りにします。

豚肉とキクラゲを炒めて、
味噌少々、チリインオイル(無ければ豆板醤)少々、オイスターソース少々、塩少々、砂糖少々で味付けし、
一度取り出します。

多めの油を沸き立つまで加熱し、
ニンニクのみじん切り、ナンプラー(無ければしょうゆ)少々、空心菜の茎を加え、
一混ぜしたら穂先を加えます。
一混ぜしたら火が通りきらないうちに取り出しておいた物を戻し、
火を止めて、余熱で火を通しながら手早く混ぜます。

空心菜はしゃきしゃきの食感が身上です。
強火で短時間にやっつけるのが常道で、
いつまでも火にかけていると水が出てしなしなになります。


本場の空心菜炒め(パックブン・ファイデン、パパプン)は空心菜単品で、もっと単純な味付けで供されます。
ただ、用いられる調味料はタイのもろみ醤油(タオチオ)や中国醤油など一般的ではありません。








PowerShot G11



 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。