ホンシメジの茶碗蒸

121112G_10592.jpg

材料:

200mlの器2個分

卵 2個

だし 1と1/2カップ

鶏挽肉 50g程度

えび 2尾

にんじん 適量

銀杏 4粒

百合根 4片

お好みのきのこ 適量

みつば 適量

卵とだし以外の具材の量は器の大きさと数に合わせて調整してください。


作り方:

だしは先に作って、室温に冷ましておきます。

にんじんは1センチ厚ぐらいに切って、
花型に切ってから2ミリ厚位に切って、
数分茹でておきます。
(今回は紅葉型に切ってます)

えびは殻と背わたを取って、
さっと湯通ししておきます。

銀杏はペンチなどで殻を剥いて、
重曹か塩を一つまみ入れたお湯で茹でます。
玉じゃくしかアクすくいで表面をこすりながら茹でると薄皮が取れやすいです。
透き通ってきたら冷水に取ります。

百合根は傷んだ部分を削って、
軽く湯通ししておきます。
茹ですぎると柔らかくなりすぎます。

きのこは生のままでいいですが、
たんぱく質分解酵素が強いマイタケを使うときは、
卵が固まりにくくなるので一度下茹でしてください。

卵1個は卵黄と白身を分け、
白身小さじ1杯分程度を挽肉に加えます。

挽肉に塩、片栗粉各一つまみを加えてよく混ぜます。

沸騰したお湯に団子にしながら落とし、
火が通ったら引き上げて粗熱をとっておきます。
鶏もも肉を薄く切って、湯引きした物でも構いません。

卵を全部溶き、だしとしょうゆ小さじ1/2、塩1/2、みりん小さじ1、
味を見てやや濃いめのお吸い物程度にします。

味噌こしなどを使って1度濾しておきます。

器にみつばとにんじん以外の具と卵液を注ぎ、
ラップをして沸騰した蒸し器に入れます。

1〜2分湯気が上がってくるまでは強火で、
ふたを少しずらして、弱火にして15〜20分、
すが入らないようにチェックしながら蒸します。

表面が白っぽくなって、竹串を刺して濁った汁が出なければ取り出し、
みつばとにんじんを飾ってできあがり。



121112G_1061.jpg



松茸の茶碗蒸



 


2012/11/20 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。