豆数の子

001_130105G_1611.jpg
青大豆 
今回は100g使います。



002_130105G_1614.jpg


ざっと洗って、上に2センチくらい水がかぶるようにして半日以上浸しておきます。
豆が水を吸って、水かさが減るので、途中で豆が顔を出すようなら水を足してください。



003_130105G_1615.jpg

多少戻りきっていないようでも茹でると脹らむので、あまり気にしなくて大丈夫です。
浸している水ごと火にかけて、沸騰したら5分ほど茹でます。



004_130105G_1620.jpg

ざるにあけてお湯を切ります。



005_130105G_1621.jpg

熱いうちにしょうゆ小さじ1/2程度、
塩小さじ1/4程度を混ぜて、
触っても熱くない程度まで10分ほど冷まします。



006_130105G_16182.jpg

数の子2腹程度。
この様な加工品でも構いませんし、
塩漬けならば好みの塩加減まで塩抜きしてください。



007_130105G_1616.jpg

皮を取り除きながら、手で細かくほぐします。
包丁で細かく切っても構いません。



008_130105G_1628.jpg

豆と混ぜ合わせて、味を見ます。
塩を足すか、水を少し足すなどして調整してください。
盛りつけて出来上がり。
あんまり茹ですぎない方が豆の風味と食感が残って好きです。



信州や東北では割とポピュラーな正月料理です。
豆や数の子にしっかりだしで下味をつける方法もあるのですが、
塩としょうゆだけでも十分美味しいです。
正月料理はあまり作らないんですが、
これだけは作ることにしてます。
これ、食べ始めると止まらなくなるんですよね(笑


 


2013/01/20 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 郷土料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。