もつチゲ

毎回もつを入れるわけではないんですが、
時々無性に食べたくなります(笑



材料: (大まかな目安です)
牛もつ 150g
コチュジャン 大さじ1
粉唐辛子 大さじ1
白ごま  大さじ1
にんにく 2片
ごま油 大さじ1
キムチ 100g
豚バラ肉 100g
牛薄切り肉 100g
ダシダ 小さじ2
ねぎ 1〜2本
白菜 1/8個
しいたけ 3〜4個
絹ごし豆腐 1丁
かき 1パック
にら 1把
味噌 大さじ3



作り方:

001_130113G_1644.jpg

もつは下茹でしてある白もつで構わないです。
量が丁度良かったので、今回は味付けもつを使用。



002_130113G_1659.jpg

20分ほど下茹でします。
圧力鍋なら15分くらい。
今回は電子レンジ用の圧力鍋を使用しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0083D7LQW/



003_130113G_1651.jpg

タデギ(辛味調味料)を作ります。
コチュジャンは水飴が入っていることが多いので、入れすぎると甘くなります。
コチュジャンを使わない場合は、砂糖を少し足して下さい。



004_130113G_1647.jpg

韓国産の甘口唐辛子です。
色の割に辛さはマイルドで、多少入れすぎても大丈夫です。
香りが強いのでカレーなどにも使い回してます。
日本の一味を使う場合は辛いので量に気をつけます。



005_130113G_1648.jpg

白ごまは半ずりにするかミルにかけます。



006_130113G_1645.jpg

にんにくはすり下ろすか、粗みじん切りにしてミルにかけます。



007_130113G_1652.jpg

コチュジャン、粉唐辛子、白ごま、にんにく、ごま油
(にんにく、ごま、ごま油は一緒にミルミキサーにかけてあります)



008_130113G_1653.jpg

火にかけて焦がさないように炒めます。



009_130113G_1654.jpg

キムチはできれば買ってすぐに使わずに、
室温で1週間ほど発酵させて酸っぱくなった頃の方が美味しいと思います。
忘れると炭酸ガスで中身が吹き出すので要注意(笑
冷蔵庫に仕舞えば、乳酸の殺菌効果で賞味期限を過ぎても食べられます。
酸味が苦手な人は新しいキムチと混ぜるといいと思います。



010_130113G_1656.jpg

キムチ、豚バラ肉か牛薄切り肉を適量加えて炒めます(今回は両方入れてます)。
もつとキムチだけでも構いません。



011_130113G_1660.jpg

ダシダは肉エキスが入った旨味調味料で、
チゲやスープなどに使います。
鶏ガラスープの素で代用しても構いません。
昆布もいつも入れていますが、ダシダにはグルタミン酸塩も含まれているので、
ダシダを使う場合は入れなくてもいいと思います。



012_130113G_1664.jpg

チゲにはアサリを入れると格段に旨くなるといいます。
やったことがあるんですが、ちまちましているし、殻に他の具がからみついたりして意外と食べるのがめんどくさいです。
カキは結構お勧めです。



013_130113G_1668.jpg

ねぎ 1〜2本 斜め切り
白菜 1/8個 適当に手で千切る

タデギと炒めた具、ダシダ、ひたひたの水を加えて白菜に火が通る程度煮ます。

しいたけ スライス
絹ごし豆腐 6等分に切る
かき 
にら 3センチ程度に切る

これらを加えてかきに火が通るまで煮ます。



014_130113G_1667.jpg

味噌を適量溶き入れて、味を確認します。



015_130113G_1671.jpg

全体をかき混ぜてみたところ。
今回はちょっとあれこれ入れすぎましたが、具材はもう少しシンプルでいいと思います。



 


2013/02/28 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。