おぼろ豆腐

豆乳をにがりで固めただけのもので、
寄せ豆腐や汲み上げ豆腐とも呼ばれます。



130331G_2325.jpg

豆乳は飲料用や鍋用ではなく、成分無調整の物を用意して下さい。
豆腐が作れると書いてあるものが無難です。

にがりは添付されていることが多いですが、
無い場合は別途購入して下さい。
濃度がまちまちなので、分量は説明書きに従って下さい。
たくさん入れても塩辛さと苦味が増すだけで意味がありません。



031122N9138.jpg

豆乳を弱火で温めます。
沸騰する寸前に火を止めます。
沸騰すると湯葉が出来てしまって良くないようです。
適温は70〜80度です。
指をちょっと浸けて、火傷はしないけど入れっぱなしにはできない程度です。

にがりを回し入れ、手早く玉じゃくし等で数回かき混ぜます。
完全に混ぜるのは無理ですから、固まり始める前に止めて下さい。
そのまま数分静かにしておきます。



100302G11_02672.jpg

玉じゃくしなどで器にすくい入れ、
かつおぶし、おろししょうが、ポン酢等をかけていただきます。
豆乳が濃い方が美味しく仕上がるような気がします。


失敗する原因は、温度が高すぎたり、低すぎたりすること、
固まり始めたのに混ぜ続けたこと、豆乳が良くなかった等が考えられます。
一度失敗したらにがりを足してもそれ以上固まりません。

失敗した場合は、上澄みを捨てて、熱いかつおだしと塩、しょうゆを足して下さい。
ゆし豆腐として美味しくいただけます。

2010/10/29 沖縄



 


2013/04/24 05:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。