ヒマラヤヒラタケ

051027I6_35132.jpg

ヒマラヤヒラタケ  Pleurotusu sp.  ヒラタケ科ヒラタケ属

正体のあまりはっきりしないキノコの様です。
ネット上ではインドあたりで栽培されていた物を導入したとかの記述も見られますし、
雲南地方が原産らしいとの記述も見られます。
栽培が容易な上、キノコを発生できる温度の幅が広いので、
南アジアなど広い地域で栽培化されています。
ヒラタケやウスヒラタケとを交配させてみると、
ヒラタケとは不親和で、ウスヒラタケと親和性が見られるということで、
ウスヒラタケとの近縁性が指摘されています。



051027I6_3516.jpg






2005年購入



PowerShot G6



 


ムキタケ

051027I_3507.jpg

ムキタケ  Panellus serotinus  キシメジ科ワサビタケ属

あまり市場(しじょう)では見かけません。
これは長野県内の青果店で購入した物です。
おがくず栽培も可能ですが、
主に原木栽培された物が多い様に思います。



051027I_3508.jpg

野生品を含め、何度か食べた事がありますが、
ほろ苦味があるうえ、旨味が薄いのであまり印象がよくないです。
きっと適した食べ方があるのだろうと思います。








2005年購入


PowerShot G6



 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。