さば缶の味噌汁

121011G_0895.jpg

とっても簡単。
さば缶を開けて、大きめにほぐしながら鍋にぶち込み、
お好みの具と煮立てて、
味噌を溶いて出来上がり。
お好みで最後におろし生姜を少し加えてください。
だしはいりません。

これはネマガリタケ(姫たけのこ)ですが、
具はなんでもいいと思います。



121025G_0969.jpg

121011G_0901.jpg

さば缶は水煮でも味噌煮でもどちらでもいいです。
100円程度で買える物ですし、常備しておくと便利です。



121025G_0984.jpg

なすとみょうがです。
味噌は赤だしと麦味噌を使いました。
上のはこうじ味噌と白味噌です。

もともとは長野県北部や新潟県南部の郷土料理だそうです。
合わせる実はネマガリタケが定番みたいですね。
イメージとしては信州南部佐久地方の郷土料理、鯉こくに似ているかもしれません。
食べ慣れてくるとますます食べたくなる味です。


 


2012/11/24 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理

ふきの梅煮

120429G_8485.jpg

材料:
ふき 1把
高野豆腐 2丁
梅干し 中2〜3粒
昆布・かつおだし カップ2
木の芽 適量


作り方:
高野豆腐をぬるま湯で戻します。
スーパーなどで売っている物は重曹を含んでいてすぐ柔らかく煮えますが、
昔ながらのものも重曹を少し加えて戻すといいでしょう。

ふきは、鍋の大きさに合わせて切ります。

沸騰したお湯に塩を少々加えてふきを1〜2分さっと湯がきます。

水にとって、手で皮と筋を取ります。

スーパーでよく売っている太くて大きいふきはアクが少ないのでそのまま調理してもかまいませんが、
細い露地物はアクが強いので、味を確認しながらお好みで10分〜2時間水に晒します。

ふきは数センチの長さに、軽く絞った高野豆腐は短冊に、だしに使った昆布は千切りに切ります。

鍋に材料と、ひたひたのだし、しょうゆ少々、塩少々、砂糖少々(苦味のないものは入れなくてもいいです)、みりん少々、手でちぎった梅干し(種ごと加えて盛りつけるときに種だけ取り出してください)を加えて落としぶたをして15分ほど煮ます。

盛りつけて山椒などを添えます(無くてもかまいません)。

今回はうども入ってますが、あくまで主役はふきです。



100518G_1448.jpg

高野豆腐の代わりにがんもどきを使っても美味しいです。
たけのこや姫竹の子を加えるのもいいでしょう。



 
2013/04/22 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。