蓮根まんじゅう

090319P1771.jpg
001.

蓮根まんじゅうというのを食べてみたくて自分で作ることにしました。

れんこん(今回は約300g)の皮をむいて、
粗めにすりおろします。

ゆり根、エビ、銀杏は下処理して軽く塩ゆでしておきます。

れんこんの水気をかる〜く絞り、
塩小さじ1/2、酒小さじ1、具を混ぜて丸め、
蒸し器にペーパータオルなどを敷いてその上で20分ほど蒸します。

だし、しょうゆ少々、塩、みりん、酒、これらを煮立てます。
剥いたソラマメ、水溶き片栗粉、ミツバを加えて火を止めます。

器にまんじゅうを盛りつけてあんをかけます。


作ってみると意外と簡単です。
つなぎを入れなくてもれんこん自体にデンプンが多いので形になります。
味は思っていたよりもくせがなく、
とろっふわっとして美味しかったです。
初めて作るのでついいろいろ入れてみましたが、
次からはもうちょっとシンプルにして気軽に作りたい料理です。



100314I11_0476.jpg
002.
2010/03/14制作






001.
Optio W60

002.
PowerShot G11




更新 2010/03/15


 


2009/03/19 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理

鮭の甘酒漬

100403G_0725.jpg

スーパーで一切れ90円くらいで売っている甘塩鮭の切り身と
薄めて飲む濃縮タイプの甘酒の素を使います。



100403G_0730.jpg

鮭の切り身を食品トレイなどに並べるかビニール袋に入れ、



100403G_0735.jpg

甘酒の素を一切れあたり大さじ2杯ほど両面になじませます。
トレイごと袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせます。
このまま冷蔵庫で数日は持ちます。



100405G11_0874.jpg

アルミホイルに並べてフライパンかグリルかトースターなどで焦がさないように焼きます。
甘味があるので焦げやすく、その場を離れずに見張っていた方がいいです。



塩鮭の塩気と甘酒の甘さが絶妙に美味しいです。
最近は塩こうじブームですが、甘塩鮭に塩こうじでは、おそらく塩辛いと思います。
生鮭ならば塩こうじもよいのではないでしょうか。










更新 2013/02/27 画像追加


 
 
2009/04/17 14:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。