コシアブラとアワビの混ぜご飯

090510P2024.jpg


お米2合にだしと酒大さじ1、塩小さじ1を合わせて分量の水加減で炊きます。

アワビはスプーンなどで殻からはずして肝を取り、
塩で表面をもみ洗いします。
肝は包丁で叩いて小鍋にスライスした身と酒適量と合わせておきます。

コシアブラは2センチほどに刻んでおきます。

ご飯が炊きあがったらアワビにしょうゆ、みりん、塩各少々を加えて軽く炒りつけます。
コシアブラを加えて一煮立ちしたらご飯に加えて混ぜ、
しばらく蒸らします。

お好みで細かく刻んだ油揚げを加えてもいいです。


コシアブラを売っているのを見つけたので初めて食べてみました。
ウコギによく似た香りでとても美味しかったです。
また来年も買ってみます(採りに行けたら自分で採ってきます)。
アワビも韓国産の養殖物が安かったので買ってみたのですが、
1個では物足りなかったです。



090517P2080.JPG

コシアブラとコゴミの天ぷら

タラの芽に似ていけます。








Optio W60



更新 2009/08/02 画像追加


 
 k


2009/05/13 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理

冬瓜の和風あんかけ

080807P0769.jpg


冬瓜は種とわたを取って縦または横に4センチくらいに切り、
皮を厚めに剥きます。
さらに三角形か四角形に切ります。

数分下ゆでして独特の青臭さを抜きます。

下ゆでした冬瓜と、もどした高野豆腐または大ぶりに切った油揚げ、
ひたひたのだし、酒、みりん、塩、しょうゆ少々を加え、
静かに20〜30分煮ます。

器に冬瓜を取り出して、煮汁に片栗粉でとろみをつけてかけます。

しょうゆを控えめにした方が上品な色に出来上がります。



080815P0816s.jpg



120904G_0461.jpg




材料:

冬瓜  1/2個
豚挽肉  約100g  鶏挽肉でもかまいません。
えのきたけ  1/2袋
しょうが  1片
昆布かつおだし 適量
片栗粉  適量


作り方:

冬瓜は縦3つに割り、スプーン等で種を取り除きます。

3〜4センチに切り、皮を厚めに(皮の下の筋のあたりまで)むきます。
面取りの必要はありません。

水から10分ほど下茹でします。
これは独特の瓜臭さを抜くためです。
途中、かき混ぜる必要はありません。するとしても軽く揺する程度でいいです。

ざるにあけて、鍋に戻し、
ひたひたのだし、しょうゆ小さじ1/4(隠し味程度)、塩小さじ1/2、みりん大さじ1、
落としぶたをして15分ほど静かに煮ます。
煮くずれの原因になるので、軽く揺する程度でかき混ぜないでください。

えのきたけは石突き2センチほどを落として半分に切り、ほぐしておきます。
だしに使った昆布は千切りにします。
しょうがは水平に薄切りにしてから縦に千切りにします。

片栗粉は同量の水でふやかしておきます。

冬瓜をざるにあけて、煮汁だけ鍋に戻します。

挽肉を加えて火にかけ、手早くほぐし、アクをすくいます。

昆布、えのきたけを加えて火が通ったら、加減を見ながら片栗粉を加えます。

冬瓜を鍋に戻し、ざっくり混ぜたら味をみます。

盛りつけて、針しょうがをのせます。









更新 2012/10/02 画像追加、追記




 
2009/09/03 02:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本料理
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。