タコス

090910P2501.jpg


冷凍のトルティーヤを用意します。
原料がトウモロコシのものと小麦粉のものがありますがどちらでもかまいません。
トウモロコシ製が手にはいるようならそちらをお勧めします。
フライパンを油をしかずに中火で温めます。
トルティーヤの両面を30秒ほど焼きます。

牛肉か合い挽き肉とタマネギを炒めて、
ウスターソースか中濃ソースかケチャップで軽く味付けし、
ワインを加えて煮詰まるまで煮ます。
もちろん、市販のタコシーズニングで味付けしてもいいです。
初めて作るのでしたらむしろそちらをお勧めします。

エビを軽く茹でておきます。

レタスは粗く千切り。

トマトは薄くくし切り。

シュレッドチーズ適量。

サルサソースは市販のものでかまいませんが、
自分で作る場合はトマトみじん切り、タマネギみじん切り、塩、レモン汁、タバスコを適当に混ぜます。
香菜(コリアンダー)が好きでしたら加えてみることをお勧めします。
コリアンダーはアジアの料理だけではなく、中南米の料理でも定番の食材です。

適当に具とソースをトルティーヤで包みながらいただきます。

他にもお好みで、アボカド、チョリソー、チリビーンズなど。
茹で豚や茹で鶏などのあっさりした具も良く合います。


ちなみにタコスの具をご飯にのせたものが沖縄料理のタコライスです。
トルティーヤが足りなくなったらご飯にかけるのもいいと思います。



090910P2503.jpg


前はトウモロコシ粉を熱湯で練って生地からトルティーヤを作ってましたが、
小麦粉の生地と違って扱いが難しく、面倒なので最近は作っていません。







Optio W60



 


ほうれんそうのカレー

インドでは揚げたカッテージチーズを使った「サグパニール」
もしくは「パラクパニール」(パニールはカッテージチーズのこと)が定番ですが、
今回は鶏肉で作ります。



材料:
ホウレンソウ 1把
鶏もも肉 1枚
トマト 1個
にんにく 1片
クミンパウダー 小さじ1
コリアンダーパウダー 小さじ1
ターメリック 小さじ1/2
チリパウダー 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/2
ヨーグルト 適量



001100211I11_0187.jpg
001.
ホウレンソウは刻んで、マーガリンで炒め、
取り出して粗熱をとっておきます。


002100211P3991.jpg
002.
鶏肉は一口大に切ってから塩適量で下味をつけ、
マーガリンで焦げ目がつくまで炒めて取り出しておきます。


003100211P3992.jpg
003.
その間、トマトを皮ごとミキサーにかけておきます。



004100211I11_019902.jpg
004.
にんにくをみじん切りにして、
低温で焦がさない程度に炒め、
香辛料とトマト、鶏肉、水適量を加え、
数分煮込みます。


005100211P3996.jpg
005.
その間に、ホウレンソウを水適量とミキサーにかけておきます。
ホウレンソウを加えて、一煮立ちしたら火を止め、
塩で味を整えます。
もたもたしていると、すぐに色が茶色っぽくなりますが、
味的には問題ありません。


006100211P399902.jpg
006.
盛りつけて、ヨーグルト適量とチリパウダーをかけます。




トマトは皮ごと使うと皮のペクチンでとろみがでやすいです。
ミキサーを使わない場合は湯むきします。
ホウレンソウはすり鉢で擦ってもできますが、
量が多いので結構手間がかかります。








 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。