わらび餅

090509P1987.jpg


111002G_5847.jpg

111002G_5846.jpg

わらび餅粉100gに水2カップ(重量比で1:4)を加えてよく混ぜます。
味噌こしなどで濾して、ダマもよく溶かします。


111002G_5849.jpg

手鍋に移し、木べらなどで混ぜながら中火にかけます。
できるだけ手を止めない方がいいです。


111002G_5851.jpg

全体に白っぽさがなくなってもさらに3分ほど混ぜ続けてください。
重たくなってきて結構大変ですが根性で混ぜます。


111002G_5852.jpg

火から下ろしてスプーンなどで一口大にすくい取りながら、水に放します。


111002G_5853.jpg

一度水に入れると整形は難しいですから、
すくったときの形で出来上がると思ってください。
粗熱が取れたらざるにあけ、水を切ります。


111002G_5855.jpg

氷水でさらに冷やします。
冷蔵庫で時間をかけて冷やすと食感が変わってしまうので、
氷水で手早く冷やすのがこつです。


111002G_58602.jpg

水を切って、黒蜜ときな粉をかけていただきます。
冷蔵庫に置かずに出来たてをいただくことをお勧めします。

本来はワラビの根茎から精製したでんぷんから作るものですが、
売っているものは他のデンプンで代用しているものが多いです。
今回もサツマイモでんぷんのものを使っています。

売っている物は練り上げた物を器に流し、
もう一度蒸してから切り分けています。
餅自体に甘味をつけているものが多いですが、
自分で作るときは味をつけていません。
さっぱりしていて飽きが来なく、たくさん食べられます。














更新 2009/09/08 
    2011/06/21 画像を追加


 


2009/05/13 19:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイーツ

桃のパイ

090526C_1785.jpg


材料:

冷凍パイシート、桃の缶詰、卵2個、砂糖、小麦粉、牛乳、レモン


作り方:

まず、レモンカスタードを作ります。


卵黄2個分に砂糖60グラムを混ぜておきます。


ふるった薄力粉20グラムを加えて混ぜます。


牛乳カップ1を2回に分けて加えて混ぜ、
鍋に移して火にかけながら混ぜます。
とろみがついたら弱火にして焦がさないようにしばらく混ぜます。


レモン汁大さじ2を加えてあら熱をとります。


パイシートを型に敷き、穴を数カ所あけて重石を敷き、焼き色がつく程度に焼きます。


カスタードを適量パイにならし、
缶詰の桃を薄くスライスしてその上に並べます。


桃缶のシロップにレモン汁を適量加え、分量のゼラチンを加えて煮溶かします。
氷水に当てて、固まる寸前までとろみをつけます。
とろみが十分ついたら刷毛で桃の表面に塗ります。


冷蔵庫で1時間ほど冷やします。
お好みでディルやチャービル(セルフィーユ)の葉などを飾ります。



出来たてよりも、1日おいた方がパイが落ち着いてよかったです。
たまたまピクルスを作ろうと思ってディルの葉があったので散らしてみたんですが、
結構合いました。








D70s 
TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di



 
2009/12/07 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。